• ASACHOを体験しちゃおう!
  • ASACHOで学べること!!
  • パンフレット請求、イベントお申し込み お問い合わせはこちら
動画で見る!学内レストラン
旭川調理師専門学校ブログ
調理師ってどんなお仕事?
パティシエってどんなお仕事?

ASACHOで学べること!!

まずは徹底的に基礎を学びます!
調理実習で特訓あるのみ!
応用編がこなせるくらいにレベルアップ!
卒業直前はプロレベル!

2年間で300以上のレシピを作ります!

在学生のコメント

佐藤 大輔(サトウ ダイスケ)

ASACHOに進学を決定した理由は?

北海道にあるいくつかの調理の学校を見学に行って、このASACHOが自分に一番合っていると感じて入学を決めました。この学校は学びの種類に幅広さがあって、先輩の皆さんもとても料理が上手だったのが、魅力的でした。

ASACHOの雰囲気を教えてください。

明るく親しみのある雰囲気です。入学当初はとても緊張していたのですが、先輩方から気さくに話しかけてくださり、すぐに学校の雰囲気に慣れることができました。

将来の夢を教えてください。

地元旭川で自分のお店を持つことです。今はまだはっきりとしたイメージはないですが、この学校で技術や知識を身につけながら徐々に目標に近づけていきたいです。家族にも期待されているので、頑張りたいです。

小河 茉生(オガワ マイ)

ASACHOに進学を決定した理由は?

色々な分野の調理技術が学べることと、先輩の皆さんに憧れたことです。特に先輩の方々が作った料理を初めて食べたときには、「自分もこんなにおいしい料理をつくれるようになりたい」と強く感じました。

ASACHOの魅力を教えてください。

和食・洋食・中華・製菓と幅広い分野で調理を学ぶことができるところだと思います。私は中学生のときからお菓子を作ることが好きでしたが、最近では洋食にも興味があるので、この学校で調理を学びながら自分の道を決めていきたいと思いました。

将来の夢を教えてください。

地元の網走で自分のお店をもつことです。この学校で調理技術や知識を学んで、それを地元で活かしてお店を作りたいと思っています。

牧野 律輝(マキノ リツキ)

ASACHOに入学しようと決めたのはいつ頃ですか?

高校3年生の時に、入学を決意しました。小学校のときから調理の世界には興味があって、高校3年でいざ進路を決めるという時に、この学校が一番実践的に調理を学べると感じて入学を決めました。

ASACHOでの印象的なエピソードを教えてください。

オープンキャンパスに参加した際、先輩の皆さんがとても優しく料理を教えてくれたことです。自分は知らないことばかりだったのですが、1つ1つ丁寧に教えてくれ、楽しく調理を学ぶことができました。こんな先輩に自分もなれるように頑張ります。

将来の夢を教えてください。

ホテルに就職して、さまざまな年代や国のお客様に料理を提供していきたいです。これからはより多種多様な人たちに料理を提供する場面があると思います。そんな時にどんな人にでもおいしく食べてもらえる料理を作ることが大きな目標です。

小川 睦(オガワ ムツミ)

ASACHOに進学を決定した理由は?

私は社会人経験を経てこの学校に入学をしました。旭川で将来自分のお店を持ちたいと思い、そのためには旭川に根付いた学校で調理を学ぶ必要があると考えました。この学校は授業や行事などで地元の人たちと触れ合う機会も多いので、これからの学校生活が本当に楽しみです。

ASACHOの雰囲気を教えてください。

明るい雰囲気で、毎日楽しい時間を過ごしています。入学したばかりの時はまだお互い緊張していましたが、少しずつ慣れ、今では会話も増えました。

将来の夢を教えてください。

将来は自分のお店として小料理屋さんをもつことです。就職後は一度地元で就職をして、そこで技術を磨いたのちに、具体的に自分のお店をもつための準備を進めようと考えています。食べた人を笑顔にできるような料理を提供できるお店を作りたいと思っています。